« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

第362回練習

おはようございまーす(^ω^ )

フルートのたくとと申します。

ちょっと順番前後してすみません、今回は8/23(土)第362回練習について…w

この日は

バハムートラグーン

スーパードンキーコング

の2曲を練習しました!

バハラグは僕自身ゲームをプレイした事はなかったんですが、作品を知らずとも普通に綺麗な曲・ワクワクする熱い曲などいい曲揃いで吹奏楽にも合ってる感じなので、未プレイ方もお楽しみ頂けると思います♪

ただ、もちろんプレイした上で聴いて頂いた方が楽しみも倍増すると思いますので、まだ1ヶ月ありますし可能なら是非プレイしてから10/5(日)、八尾プリズムホールまでお越し頂ければと思います☆

(割と20時間前後でさっくりクリアできるボリュームらしいですよ!)

…ただこのバハムートラグーン、鬼難しい譜面が多いLEWOの歴史上の中でもかなり上位に食い込むぐらいくっそ難しい譜面なんですよね…(((゚д゚|||)))苦笑

本番には最高の演奏をお届けできるよう、団員一同日々練習に励んでおります!w

そしてスーパードンキーコング。

これはもうほんと小学生の頃、ドンピシャで発売当時プレイした世代なので、懐かしすぎて吹いててついテンション上がりすぎちゃいますね!(歳がバレそうですがw)

基本的にスウィングしててジャジーな曲が多く、パーカッションがポコポコ色んな楽器叩いてて、聴いててとても楽しい感じになっております。(もちろん演奏してる側もw)

演奏会直前には基本の週1回練習から週2回になるのですが、この日からそれも始まりいよいよ本番近づいてきたなという感じで、団員一同ギアを一段階上げて頑張ってます♪

本番まであと一ヶ月と少し、皆様ぜひぜひ楽しみにしていて下さい(^ω^)

当日は約束の地、八尾でお会いしましょう~!☆

2014年8月30日 (土)

第363回練習♪

こんにちは!ダブルリードパート、ファゴットのジェフです(^-^)/

今回は、

リズ天
勇なま
FF7

の練習を行いました。

リズ天はオールパーフェクト、
勇なまは水攻めを駆使して全クリ、
FF7は……
…ラスダン手前でゴールドソーサーに夢中になってそのまま放置(笑)

という個人的に思い出深い曲たちの練習でございましたww

さて、今週から土日両方の練習が始まりました!
今までは週1回のペースの練習なので、当然その分疲れるんですが、LEWOの練習はほんといつもメッチャ楽しいので、苦にならないんですよね。

LEWOに入団して、4年…5年…??(忘れた)…ですけれども、LEWOに入ってなかったら、ただ仕事行って、帰ったらゲームして…というきっと自堕落な生活を送っていたことでしょう(^^;;

これから演奏会に向けてますます大変になっていきますが、団員一同、いいゲーム音楽演奏会となるよう頑張っておりますので、ぜひぜひ聴きに来て下さいね!

ではでは。

2014年8月 5日 (火)

第361回練習

ども、初ブログです。新人ヨネです。Percの中の誰かです。
昔々あるLEWO定演や外伝等に出演させていただいたことがあります。

就職してからは全くと言っていいほどゲームをしていないですが(やったのはMOTHER2・3とPCゲームの洞窟物語くらい?)、
最近はニコニコ動画でゲームRTA(リアルタイムアタック)を見るのがすきです。
直近ではSFCドラクエ3を3時間ちょいでクリアしてしまうものを見ました。
恐ろしいです。何が彼(彼女?)をそこまで突き動かすのか…執念を感じます。

さて、どーでもいいお話もほどほどにしまして、今回(8/3(日))はメイプルホールでの練習でした。

なんとバハラグの譜面が本日完成となりました! \(^o^)/ワーワーパチパチ
イエーイ┗(^o^ )┓三ドタドタ┗(^o^ )┓三ドタドタ

FF7も着実に完成に向かっております!!
ドタドタ三┗( ^o^)┓ドタドタ三┗( ^o^)┓イエーイ

いやー編曲者様方には本当にお世話になります。
編曲から生み出されるその類稀なる技術の結晶(譜面)に対して自分のできる最高の演奏という形で恩返しを…と思うのです、が、

難しい!!!

とにかく難しい!!!!!

何が難しいかって?それは…

音変え!!!

今回バハラグでティンパニを演奏させていただくのですが、
今まで演奏したことのある「FF6」「ゼルダ」をはるかに凌ぐ音変えとなっております。
ちなみに「FF6」「ゼルダ」「バハラグ」は、

「スライムベス」「キングスライム」「ずしおうまる」

ほどの凶悪さに隔たりがあります。(ゼルダは演奏会当日のみの練習というアビリティがついているためFF6より上)
さっき数えてみましたが、音の変更回数は軽く50を超え、最終的には100近くになってました。/(^o^)\
更に長い休みはほぼ皆無なので、水面下のアヒルの足のようにペダルを動かしまくり、東大受験レベルで次の音は何じゃろなと頭を使っております。
今後はせめてホイミスライムくらいにしてほしいなぁ…

演奏会にお越しいただければ、ほぼ指揮を見ていない(というか見れない)ことが一目瞭然。
テンパりながらのティンパニを見ることができます。
テンパリングティンパニ。


で、せっかくなので自分のティンパニの音の使い方に関して軽く説明してみたいと思います。

Photo


団持ちのティンパニでない場合は練習・本番など複数のティンパニに出会うことになるので、チューニング状態も様々です。(チューニングは死ぬほど時間がかかるのでやりません)
赤で示した音は出ないティンパニにも何回か出会ったことがあります。
ですので、バハラグも基本的にそこは使用しないように音変えを組んでいます(だからこそ難しい…)。また、㉙のGもあまり使いたくない音ですが、使わないとやってられません。

やはりヘッドがユルユルの状態か、パリパリに張って出す音っていうのはどうしても自分の中では使えない音なんですよね。
「いい音でいい音楽」をモットーに、できるだけこのルールにのっとって音変えを決めています。

少しでも今後の編曲の参考になれば幸いです。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »